Top

 Skill / 匠の技

  横振り刺繍
 横振り刺繍とは、針が左右に動く横振りミシンを使い、図案を見ながら職人の手で直接生地に柄を起こす日本独自の刺繍技法で、手振り刺繍とも呼ばれています。
足元のペダルを踏み込み右膝のレバーで調節し振り幅が変化する横振りミシンを使います。
この横振りミシンを上手く使いこなすには、長い年月をかけて培われた職人の経験と腕が必要になります。
 
  駒刺繍
刺繍針に通せない太い糸や、金糸などを、木製の駒(糸巻きの一種)に巻いて、それを転がしながら刺繍糸を下絵に沿ってはわせ、綴糸(とじいと)で留めていく技法。
中でも金糸を使ったものを『金駒刺繍』と呼び、一昔前まで和装関係でよく使われていた伝統技法です。

Artigianoでは、その伝統技法を現代のカジュアルに取り入れた、職人技の創作技法です。
 
レーザーカット刺繍
来の金型を使ったアップリケ刺繍を、CO2レーザーを用いて、生地を後切りカットすることによって、以前の手法ではなし得なかった、繊細かつ細やかなアップりケ刺繍が可能になりました。
その他、縫製では不可能な複雑な切り替えデザイン等にも対応出来ます。
   
   
   














Copyright  ©  2011  Artigiano Japon All right reserved.